避妊薬で絶対に避妊できるのか

避妊薬で絶対に避妊できるのか

アフターピル(避妊薬)を取り入れすれば絶対に避妊をすることができるのかどうかですが、
アフターピル(避妊薬)を服用しても絶対に避妊できるとは限りません。

 

 

避妊を絶対に遠ざけるのであれば、どうしても性行為を終わって直ちにアフターピル(避妊薬)を服用することが重要になります。

 

直ちにというのは、24時間以内ですがわたしの実例ですと性行為が終わって1時間以内に
アフターピル(避妊薬)を服用するようにしています。

 

1時間以内に服用しますってほぼ避妊をすることができます。

 

ですので、アフターピル(避妊薬)で絶対に避妊をしたいのであれば直ちに服用することが重要です。

 

 

アフターピル(避妊薬)を服用しても避妊をすることができなかった皆さんは、
アフターピル(避妊薬)を服用する時間が鈍い場合が多いです。

 

24時間以内って72時間以降の取り入れだと約半分も避妊効果が違うといわれています。

 

そのため振舞いが終わって約72時間後にアフターピル(避妊薬)を服用しても
50パーセントの確率でしか避妊をすることができません。

 

なので、必ず避妊をするしたいのであればアフターピル(避妊薬)を直ちに服用することですね。

 

 

やはり個人差がありますので、直ちにアフターピル(避妊薬)を服用したのに
避妊をすることができなかったという方もマレにある。

 

ただし、そういった皆さんはおそらくいませんのでなるたけ直ちに服用しましょう。